著者 : 岡本かの子
出版社 : 三和書籍
(0 レビュー)

書籍詳細情報

  • カテゴリー :
  • 言語 :
    日本語
  • 出版日 :
  • ページ数 :
    1 ページ
  • サイズ :
    2 KB
  • ISBN :
    -
  • 関連印刷ISBN :

説明

更新

著者について

岡本 かの子(おかもと かのこ、本名:岡本 カノ、旧姓:大貫(おおぬき)、1889年3月1日 - 1939年2月18日)は、大正、昭和期の小説家、歌人、仏教研究家。 東京府東京市赤坂区青山南町(現東京都港区青山)生まれ。跡見女学校卒業。漫画家岡本一平と結婚し、芸術家岡本太郎を生んだ。 若年期は歌人として活動しており、その後は仏教研究家として知られた。小説家として実質的にデビューしたのは晩年であったが、生前の精力的な執筆活動から、死後多くの遺作が発表された。耽美妖艶の作風を特徴とする。私生活では、夫一平と「奇妙な夫婦生活」を送ったことで知られる。(ウィキペディアより引用 2021年6月21日閲覧)
もっと見る
書籍購入
価格¥ 100
試し読み

関連する本

秋の夜がたり

岡本かの子
¥ 100

英国メーデーの記

岡本かの子
¥ 100

勝ずば

岡本かの子
¥ 100

オペラの辻

岡本かの子
¥ 100

ガルスワーシーの家

岡本かの子
¥ 100

ダミア

岡本かの子
¥ 100

茶屋知らず物語

岡本かの子
¥ 100

ドーヴィル物語

岡本かの子
¥ 100

売春婦リゼット

岡本かの子
¥ 100

バットクラス

岡本かの子
¥ 100

呼ばれし乙女

岡本かの子
¥ 100
プレビュー -