人形の家

著者 : ヘンリック・イプセン
出版社 : 三和書籍
(0 レビュー)

書籍詳細情報

  • カテゴリー :
  • 言語 :
    日本語
  • 出版日 :
  • ページ数 :
    24 ページ
  • サイズ :
    142 KB
  • ISBN :
    -
  • 関連印刷ISBN :

説明

更新

著者について

ヘンリック(ヘンリク)・イプセン(Henrik Johan Ibsen、1828年3月20日 - 1906年5月23日)は、ノルウェーの劇作家、詩人、舞台監督。近代演劇の創始者であり、「近代演劇の父」と称される[1]。シェイクスピア以後、世界でもっとも盛んに上演されている劇作家とも言われる。 代表作には、『ブラン』『ペール・ギュント』(1867年に執筆。1874年にグリーグに劇音楽の作曲を依頼する。)『人形の家』『野鴨』『ロスメルスホルム』『ヘッダ・ガーブレル』などがある。自身はノルウェーを嫌い、長くドイツやイタリアで生活したため、ノルウェーの国民作家という意識は薄かったが、現在は国の象徴、そして世界史上最も重要な劇作家の一人として尊敬され、長らくノルウェーの最高額面の1000クローネ紙幣にその肖像が描かれていた。(ウィキペディアより引用 2021年6月21日閲覧)
もっと見る
書籍購入
価格¥ 100
試し読み
プレビュー - 人形の家